2004年07月

2004年07月30日

やめられない止まらない。(こうさぎ)

きょうtokaponはCDしたかったの♪
ちなみにきょうはtokaが完結したの?
しかしきょうは、東京で寝ぼけが2したよ♪
ちなみにtokaの、感想も2したの?
tokaは、
先週までマレーシアに海外出張に行っていた人が

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「tokapon」が書きました。


2004年07月28日

1週間も前の話ですが。

屋形船パーティーの話。
ボーリング大会で優勝したので、部署のみんなと屋形船でもんじゃを食べに行ってきました。
当日はめちゃくちゃ暑かった上に船内は窓開けっ放しなためクーラーもなく、一時はどうなるかと思いましたが、海の上は意外と風があったので死ぬほどの暑さにはなりませんでした。
とにかく食べ放題(しかも船が走行中は火を使えない)なので焼ける時間はひたすら焼いて食べて飲んで。船の上ということもあって、みんないつもより大盛り上がりでした。
レインボーブリッジ
ちなみにこれは船の上から携帯で撮ったレインボーブリッジ。揺れてるのでぶれてます。

さて食べ放題時間も終わり、船が船着場へ戻る間に2つ目のメインイベントが始まろうとしていました。
それはボーリング大会で成績の悪かった人の罰ゲーム。2ゲームの平均で計算したんですが、2ゲーム目143をマークした私も、1ゲーム目に72というとんでもないスコアをたたいたために罰ゲームの4人の仲間に…。ゲームの内容はロシアンシュークリームで、1個だけわさび入りのシューがあり、罰ゲーム組がそれを食べ、他の人がわさび入りの人を当てるというゲームでした。ちなみに当てた人には賞品があり、誰も当てられなかった場合はわさび入りを食べた人が賞品をもらえます。
そして運命の一瞬へ…わさび入りだったらやだなぁと思いつつも、幸いなことに私のは普通のよう。余裕が出てきたので辛そうな演技とかしつつ、まんまと引っかかる人がいて内心ほくそえむ私(笑)。で、わさび入りの人が挙手をするはずだったのですが、誰も手を挙げない。あれれ?確かにちゃんと入れたはずだけど??すると既に飲んだくれて酔っ払ってる後輩が「あれー?ボクだったかな?酔ってて味覚わかんないや」とか言い出したため、周りよりクレームがつき、再度挑戦する羽目に…!司会より「今度はわさびたっぷり入れます」とか言われちゃうし、せっかく乗り切ったのになぁ…と思いながら再度シューを食べると…うっ!辛いじゃないですか!私にきちゃったよー!ひ、ひー。まずいし辛いし最悪だ。でもここは私だと悟られないようにしないと、と必死でなんでもない演技や誰がわさび入りかなぁ?なんて見回したりして過ごしておりました。そしてなんと!私だと思った人が誰もいなかった!ということで、賞品はすべて私がゲットいたしましたですよ。いえーい。水も飲まずに辛さに耐えたかいがあったよ。

ちなみに賞品はサマージャンボ宝くじでした。私も1等が当たってたら北陸の皆さんに義捐金送るから、ニュースで見かけたら私が当選したんだと思ってください。あ、でも前後賞はもらうかも(笑)。

toka at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月26日

なんだかんだいって。

今年の27時間テレビはけっこう見ちゃったなぁ。スマステとのコラボとか普通にすごいと思っちゃったし。

親が暑がりなので家ではクーラーがガンガンきいてるのですが(標準で22度)、私はかなりの冷え性なのでつらいです。寝る時も汗だらだらかきながら未だに毛布にくるまってるし。
そのせいか(その、がききすぎなクーラーにかかってるのか、毛布にかかってるのかは不明だけど)なんか身体がだるいです。夏バテかなぁ。丑の日にウナギ食べなかったしなぁ。

ということで、先日のもんじゃの話とか那須出張の話はおいおいにということで。内容がなくてすいません。

toka at 19:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月24日

ただいま。

実は那須の方に出張してまして、今日帰ってきました。
しかし東京は暑いな・・・。着いた途端いろんな方向から誰かにぐいぐい押されてるような息苦しさがありましたですよ。
寝苦しそうな夜ですが、今日は疲れてて爆睡できそうだ。もう瞼半分以上くっついているのでこの辺で。おやすみなさい。


toka at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月22日

KiSS 感想 その2。(こうさぎ)

きょうtokaponは2するはずだったの。
まとも。tokaは、
昨日できなかったSpecialReel以降の感想続き。

【鏡の中の六月】4曲のPVがドラマ仕立てになってて、ここではそのドラマ部分を抜き出して1つのお話にしたた

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「tokapon」が書きました。


2004年07月21日

今日は。

相変わらず暑いですなぁ。でも昨日の39.5℃に比べたら涼しいのか。んー何かが間違ってる気がします。

KinKiさんデビュー7周年ですか。硝子の少年だった彼らもすっかりオトナというかオヤジというか…ごほごほ。これからも応援していきますんで、かっこいい2人でいてください。

なにー?BUCK-TICK櫻井さん結婚?そうか、もうそんな年だったんですね…いろいろ衝撃でした。最後の砦は…岡村ちゃん、期待してます(笑)。

で、今日はこれから先日のボーリング大会屋形船パーティーです。では行ってきます。


toka at 15:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月20日

詐称はしてません。

さて3連休ですが、特に予定などなかったのでまったりと寝てすごしました。3日目なんて計21時間寝てたしな。

でそんな中ふらっとバッティングセンターに出かけ、人もいなかったので松坂相手に何回も対戦していたときのことです。
この日は最初から調子よくて松坂をガンガン打ってたんですが、いつの間にか後ろにギャラリーが増えてまして。130キロの速球を打ちかます姿に後ろから「すげー」という声が聞こえてきたりして、いやだテレちゃうわ、なんて思ってたアフォがいたわけですよ。
で、最後の投球を終え、一息つくために打席から出た時、そのギャラリー達と目があったわけですが、その中の1人の女の子が私とすれ違いざま「…お○ま…?」とか言ったのが聞こえちゃったんですよ!!ち、ちがいます!れっきとしたオンナです!
その後また回数券買ってもう3ゲームくらいやろうかと思ってたんですが、なんかやる気しなくてそのまま帰りました…そんな風に見られるのか…。ふう。


toka at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2004年07月17日

KiSS 感想 その3。

【K-LIFE】光一さんの1日にビデオカメラが密着してるんですが、最初が自宅の部屋にまだ寝ぼけ眼の光一さんアップなので、のっけからうわぁぁぁと叫びまくってしまいましたよ。しかし見事に何もない部屋だな(笑)。はじめの仕事はジャケット撮影で、その舞台裏が映ってるわけですが…常日頃「写真撮影は苦手」とか言ってるけどやはりカメラが向くとお仕事キリリモードになるところがすごいですね。しかし、あの回転カメラはどういう仕組みになっとるんだ?自分で撮ったポラロイド写真をぴっと投げるところは、アンダルで帽子投げるところみたいに決まってましたね。それからエレベータで入れ替わりになった剛さんにいきなりカメラを向けて驚かれてます(いや驚いた顔は映ってなかったがきっと驚いてるだろう剛さんも)。その後も撮影時にいたずらかましたりちゃめっ気たっぷりな面も見えたり、新曲候補の歌を聴いてるところもあったりします(その候補曲もっと聴きたいなぁ…)。その後帝劇に向かってSHOCKの稽古。あのリチャード様稽古してますよ。あー懐かしくそしてかっこいい。リチャードの発音があっててよかったですね光一さん(笑)。そしてまた自宅に戻る光一さん。日課の筋トレを黙々とやってる姿が映ってますよ。この時ベッド?がちらと映ってまた意味もなく叫ぶアホがここに(苦笑)。その後風呂に行くんですが、カメラの裏側で服を脱ぎカメラの前にその服を放り投げてます。その脱いでる時ビミョーに床に影が映っててかなりガン見してますよ(笑)。風呂上りのタオルの下は何も着てないのかと一瞬思ってドキドキしたじゃねーか(汗)洗いたてのサラサラ髪とかすっぴんの顔にいちいち反応したりして、なんかグラビアアイドルのイメージDVDを見る男性の気持ちがわかったような気がする(^^;
【T-LIVE】ボニバタのロケの合間かな?にギター一本で弾き語りのメドレー映像(剛さん曰く「暗い大全集」)です。「ORENGE」はGコンでのソウルフルな歌い方も好きだけど今回みたいなのもいいなぁ。「この恋眠ろう」はもうしばらく聴いてなくって正直忘れかけてた歌でしたが(汗)相変わらずサビの「あーいしーてるー」と「だーいじょーうぶー」の声のノビがたまらんですな。時々ギターを弾く手元がアップになったりするんですがこれがまたいいんだよねぇ〜。剛さんの手フェチな自分にはたまらんアングルです。マルチでフルにしてもらってもいいくらい(笑)。「街」は思わず聴き入っちゃうようー。終始伏目がちなので睫毛の長さが際立ちますな…うらやましい(ぼそ)。ちなみに何回見てもいつギターの弦が切れたのかわかんない(涙)。
【SECRET LIVE】去年のGアルバム発売時に日比谷でゲリラライブをした映像が入ってます。このライブの収録曲がDVD初回版と通常版で違うんですね…あくどすぎるよJEさん(涙)。ちなみに私の持ってる初回版はDistinationと停電の夜には〜ですよ。しかし剛さん髪ボサボサやんけ。しかも来年幼稚園の隠し子まで連れてきてるし(笑)。オフィス街なのでライブ自体は客層が普段と違ってオトナモードですね。生バンドを従えてかっこいいカンジ。2人とも思いっきりカンペ目線なのは気になりますが(笑)。停電〜もサビのハモリのところ好きだなぁ。音響がいろいろあって悪かったんでしょうけどね、私はその音響のおさえ具合も野外ライブならではってことで、これはこれでいい味出してるんじゃないかと思いましたですよ。
【CREDITS】「永遠〜」の曲と共に4部作の舞台裏の映像です。NGシーンとかリハ風景とかが細切れにいろいろ入ってます。普段見せないような巣の顔が垣間見れて購入後かなりリピーツ率高い映像ですよ(笑)。キャッチボールやドライブ中の2人の笑顔がいいなぁ。と和んでるところに光一さん初老Ver.がいきなりやってきて驚く私(汗)個人的にツボなのは、「お前どこ行ってた?」ってセリフがナチュラルに関西弁になり謝る光一さんと、NGの理由が最初わからなくて「え?」って顔してた剛さんのとことか、車に乗り込んでエンジンかけようとするけどかからず「もうセキュリティかかってる」と言った光一さんに、なんともいえない絶妙な顔で声にならない「え〜」をする剛さんとか、シーソーの両脇に乗ってバランスとる2人とか、タクシーの乗車ドアを素で間違える剛さんとか、とにかくまぁすべてってことですよ(´ー`)

2004年07月16日

KiSS 感想 その2。

昨日できなかったSpecial Reel 以降の感想続き。
【鏡の中の六月】4曲のPVがドラマ仕立てになってて、ここではそのドラマ部分を抜き出して1つのお話にしてあるんですね。ちなみに最初はシングル3曲で完結するはずだったのに、「Bonnie Butterfly」を入れた4部作にしたためか、シングル発売時にTVで流れたPVと少し映像が違ってたりします。
お話としては、1枚の鏡を境に現代を生きる剛さんと1970年代を生きる光一さんが出会うんですね。「永遠〜」では剛さんが光一さんのいる過去にタイムスリップします。「心に〜」では現代に戻った剛さんと現代にやってきた光一さんが再び出会い、ヤクザの闘争から車で逃げたりします。そんな中剛さんに電話がかかってきて…で「薄荷〜」に続き、父親ができなかったことをするために今度は剛さんが過去にタイムスリップします。一方光一さんは現代で33年後の自分に会います。「Bonnie Butterfly」では、過去と未来を体験した2人がお互いに大切なものを見つけたことを確認し、光一さんは鏡の中の過去に戻るという話です。
映像としてはシングル3曲の中では「永遠〜」が好きかな。おぼっちゃまで好青年だけどこの時代にそんな茶髪はいないんじゃ?な光一さんにチンピラ入ってるけどおばちゃんパーマな剛さんだったりしますが(笑)。「ここどこ?」って聞いてるのに日付を答えるとんちんかんなおぼっちゃんにのっけからやられ、未来からやってきた剛さんを誰も驚かない騒がない不思議な家族にこちらが驚きです。でも未来の道具(デジカメとか携帯)を前に雑談してる2人の風景はなごやかでいいですね。2人が部屋でコーラを飲んでるシーンとか、なんてことないシーンだけどいいなぁと思えるのは、2人の共演ドラマ(ちっくなもの)を久しぶりに見たからかな。庭でキャッチボールする2人もいいですね。光一さん速球投げまくりだけど(笑)。未来に純粋に憧れる光一さんと、家族の温かさに触れ孤独感に襲われる剛さん、そしてそれに薄々気付く光一さんという、KinKi王道の切なさ満載で、お話としては「永遠〜」1作で終わらせてもよいカンジもします。
「心に〜」ではいきなり剛さん髪型違うわ、あんなにおぼっちゃまだった光一さんが現代に来たとたんガラ悪くなってるわ(だいたい33年前にそんなファッションしてなかっただろ)テレビのニュース番組がJEだわで相変わらず突っ込みどころ満載です。ヤクザに追われて車で逃げるところも、なんで当たり前のように光一さんが運転なのかと(笑)ふつーは現代人な剛さんが運転するんちゃうんかい?あとで「運転でけんの?」「たぶんね」というとってつけたような会話がありますが、「安全運転で」とか「運転うまいね」とアドリブちっくにかます剛さんと素で笑ってるっぽい光一さんがステキです。あと急発進した時に助手席に頭ぶつけてる剛さんがいいカンジ(笑)。ここからしばらくはドライブ風景でまるでイメージビデオのよう(笑)。そこから海にたどりつくわけですが、2人が砂浜を歩きながら服を脱いで海で戯れる(by「ジェットコースターロマンス」のPV)んじゃないかと思った人は私だけではあるまい(笑)。
「薄荷〜」も最初から突っ込みまくりで、ドライブから息を切らし慌てて父親のもとにかけつけた剛さんなのに服装も髪型も変わってます(笑)。外で待つ光一さんもなぜか洋服違うし。なんだ、未来に行くのにちゃんと何泊分かの準備して持ってきたんか?しかも33年後のファッションを想像した洋服で(笑)あとねー、やっぱ33年後の光一さん…苦手なんだよー見れないんだよー。なんでだろ、ちょっとダンディーすぎるのかな、声も若すぎるしこっぱずかしくなっちゃうんだよね。まだピカイチの頃の頭光だったら見れたのに(笑)。最後の2人で並んで歩くところはいいなぁ。おぼっちゃま光一さんがガニ股チンピラ歩きだけど(笑)。
「Bonnie〜」もすいません、突っ込みます。設定では薄荷〜の次の日なのに、これまた剛さんの変わりようったら(笑)。いや百歩譲って剛さんは現代人だからね、1日あれば髪型も服装もガラリと変わってもよいとして。光一さんまた洋服変えてますよ。しかも髪にピンクのメッシュ入れてますよ。そんなんで過去に戻ったら家族にぶっくらされますよ。って、剛さん見てなんとも思わない家族だから大丈夫なのか…。今は公園となった光一さんの家の跡地でキャッチボールする2人。33年前の同じ日に同じ場所でキャッチボールしたよね、というシーンではかなりぐっときました。過去から来た光一さんがニュースになり、急いで鏡のある公園に戻る2人ですが、元光一さんち(恵比寿)から鏡の公園(新宿)までタクシーなのにえらい時間かかってます。明るいうちに乗ったのに着いたら真っ暗です(笑)。まぁいいよ、きっと運ちゃんが迷って都内を一周でもしたんだろということにしても。タクシーの後部座席明るすぎないですか?2人が浮き上がって見えますよ。こわいですよ。でも話してる内容はしんみりしてるんですけどね。公園に着くと既に報道陣わんさかだけど、覚悟を決めて突入する2人。人ごみをかきわけて進む2人のスローにボニバタのサビが重なり、ちょっとここからかなり私はやばかったんですけど、鏡の中に無事戻った光一さんがこちらを振り返り、剛さんがそれを見てにこっと微笑むところで不覚にも涙。鏡は剛さんが(光一さんにもらったボールで)割ってあげたんだね。2人は別れたんだけど、「薄荷〜」の時に33年後(つまり現代)の光一さんが剛さんに「また会ったね」って言ったのを思い出して、そういうことかぁーーとまた涙しました。最後これはこれでお話としても映像としてもよかったと思います。突っ込みどころはありまくりですが、「永遠〜」とはまた違ったよさで同じくらい好きかも。

って、かなり長々と書いてしまったので、Special Reelの続きはまた明日…(^^;

2004年07月15日

暑中お見舞い申し上げます。

すみません、昨日Special Reelやるとか言ってましたが、バタバタしてるんで明日以降にします。

ぷちょんくん。梅雨はあけましたがまだまだ蒸し暑いので。
みなさま暑さにめげず夏を乗り切りましょう。
ちなみにこれは会社のデスクの上です(笑)。全員を葉っぱの上に立たせて整列させるのに一苦労でした(^^;



toka at 18:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)